忍者ブログ
ネット社会にはまがいのニュースが氾濫しています。よく選びましょう。
[85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の耳寄りなニュースはこれですね。
「おい、おい、耳寄りかどうかは記事を読んだ本人が、感じることだろう!」
そうでしたね。ごめんなさい、私が思った耳寄り情報はこれですね。



落雷で空港の滑走路に穴ができたり、木が破裂したり、
多くの事故が絶えないですね。
山でも人命にかかわる事故が生じました。
それは、9日午後1時50分ごろ、静岡県富士宮市粟倉の
富士山6?7合目の登山道で、落雷直後に男性が倒れていたのです。
この男性は富士宮市内の病院に運ばれたが、死亡です。
死因は、右肩から両ひざにかけてやけどの跡があり、
落雷であるいう結果がでました。
きっと頭から体の右をとおって、やられたのでしょう!

その男性は東京都豊島区上池袋1、会社経営、塩貝忍さん。
妻と登山に訪れたが、妻は先に下山し、1人で山頂に向かっていた。

近くの登山客は「雷鳴がしたので、しゃがんで顔を伏せ、
顔を上げると前にいた男性が倒れ
討い拭廚範辰靴討い襪箸いΑ
わずかのタイミングで、その男性が、うたれたようだ。

雷雲は発生していなかったのか?
雷鳴は聞こえていなかったのか?
やはり、何もない富士山のようなところは、絶対危険ですね。
ゴロとなれば、物陰に隠れる必要がありますね。

ところで、雷ひとつでも、原爆数個分のエネルギーが発生している
そうですね。ですから、私たちは打たれればひとたまりもないはずです。

ご遺族に心よりお見舞い申し上げます。
 9日午後1時50分ごろ、静岡県富士宮市粟倉の富士山6~7合目の登山道で、落雷直後に男性が倒れているのを、近くの登山者が発見した。男性は富士宮市内の病院に運ばれたが、死亡が確認された。右肩から両ひざにかけてやけどの跡があり、県警富士宮署は落雷に打たれたとみて、事故の状況を調べている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080809-00000104-mai-soci



PR
11月 << 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >> 01月
No Name Ninja Wrote All Articles. / Powered by 忍者ブログ / [PR]
/ WRITE / RES / blogdesigned by 物見遊山 / JScript borrows Customize in Ninja Blog